読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヨーロッパ移住・欧州移住、EU・ヨーロッパ生活、移住ノウハウとヨーロッパ生活情報

ユーロB&Vコンサルティングの公式ブログです。ヨーロッパ移住・欧州移住、海外移住の夢を叶えてみませんか?ヨーロッパでの就職・起業・投資のノウハウとサポートをご提供してます。お問合せは弊社公式サイトからどうぞ。 http://www.eurovisa.jp/

オランダ移住はオワコン?移住しやすい欧州の国とは?日本出張のお知らせ

GWも終わって五月病になりやすい時期ですが、日本の皆様お元気でお過ごしでしょうか?

 

さて、本日はオランダ移住はオワコンなのか、オランダとそれ以外の国について書いてみます。

 

日本とオランダでは2014年から2016年の間、日本国籍保有者は労働許可証いわゆる労働ビザが不要だったため(それでも居住許可証は必要だった)、オランダ移住が話題になり、それにともない多くの方がオランダ移住されました。

そして雨後の竹の子のように、やたらとオランダ移住サポート業者が出てきました。

 

しかし今年2017年から日本国籍保有者は以前のように、労働許可証が必要になりました。

 

更に、オランダ移住を勢いではしてみたものの、オランダにあわず一年程度で日本に戻ってしまう方も出てきてます。

  • 本当にオランダとオランダ人とオランダ文化が好きなのか?
  • 単にオランダが移住しやすかったから?
  • ヨーロッパならどこでもいいと思ったのか?
  • オランダのネガティブな面も認識していたのか?

このような見通しの甘さと、オランダ移住サポート業者によるオランダ推しで、貴重なお時間と資産とエネルギーを使ったにもかかわらず、オランダを安易に選んでしまって後悔してる方もいると聞きます。

 

もちろん弊社でもオランダ移住やオランダへのビジネス進出は手掛けており、2012年から実績ございます。

それでも、オランダが合わないような方、オランダ以外の国が適してる方には、カウンセリングの上でその旨を伝え、他の国を強くお勧めしてきました。というより、海外生活自体が無理そうな方、あまりにも安易な方には移住自体をやめるように申し伝えております。

 

弊社は欧州の西側先進国への移住サポートやビジネス進出サポートを多く手掛けてきましたが、東欧、南欧、北欧も含めて欧州全域に広いネットワークと実績を有すると自負しており、たとえオランダが合わない・オランダ移住失敗しそうな方でも、別の国や別の方法で海外移住やビジネス進出を成功させて、人生の一大イベントを必ず成功させるようお手伝いしております。

 

オランダが今も魅力ある国で大勢の日本人が移住しやすい国であることは変わりありませんが、オランダだけを考えてる方も幅広く視野を持てるよう、オランダ移住以外のサポートも多く手掛ける弊社にご相談してみてはいかがでしょう?

 

最近は弊社でスペインやポルトガルのようなラテン系南欧への移住サポート案件が大変増えており、このような方は気候良くて暖かく物価安くておいしい食事の国と正反対なオランダは視野にないですが(笑)、オランダは移住しやすそうだがなんとなく決めかねてる、オランダ以外の国の移住事情はどうなのかという方からのご連絡お待ちしております。

 

追記

5月24日から5月28日まで弊社スタッフが日本出張で、東京都内および近郊におりますので、日本でご対面のカウンセリング・相談をご希望の方はお気軽にメールでご連絡ください。24日はほぼ予定いっぱいですが、この日を強くご希望の方はその旨おっしゃってくださいませ。

https://www.eurovisa.jp/
 

無料のご相談・お問合せは無料お問い合わせフォームもしくはメール( info@eurovisa.jp )よりお気軽にお送りくださいませ。

携帯キャリアメールでドメイン受信拒否されてる方は @eurovisa.jp を受信可能にして下さい。

 

公式ツイッターのフォローもお願いします。こちらは頻繁に更新してます(笑)!

https://twitter.com/Euro_Visa

公式Facebookアカウントもチェック宜しくお願い致します。

https://www.facebook.com/EuroBVConsulting/

欧州移住新着ニュース:オランダとスペインとポルトガル

大変ご無沙汰しております。久々のブログ更新ですね。日々の業務に多忙で、各種ソーシャルメディア更新に割く時間ないのは悩みです。

さて、スペインでは日本とのワーキングホリデーが開始されるのが大きなニュースですね!
スペインはまだまだ景気悪いものの、ギリシャやイタリアと比べて着実に回復してきておりますし、弊社でもスペインへ不動産投資ビザ・通称ゴールデンビザの取得によるスペイン移住、そしてスペインでの起業・個人事業主ビザでの移住のサポートが昨年より増えております。

30歳以下の若者はスペインでワーホリ、社会人経験を生かす方はスペイン就職、スペインでビジネス経営したい方はスペイン個人事業主・起業家ビザ、シニア層や早期リタイアや資産家はスペイン不動産投資ビザ・ゴールデンビザという区分での移住がますます活発になるでしょう。
弊社では2017年から、スペイン推しで行きたいと思います!

さて、オランダでは2014年から2016年にかけて日本人の労働ビザ不要となり(居住許可は必要でしたが)多くの日本人がオランダに移住するバブル状態となりました。
この制度とは関係なく個人的に知り合いの方もオランダに最近移住したのでびっくりしましたが、この方もオランダで仕事クビになったり苦労されました。
「オランダは移住楽勝!」という情報を受けてオランダ移住したものの、仕事も収入も生活もうまくいかずに、一年ほどで日本に帰ってしまう人も多い状況です。

弊社は創業7年目でヨーロッパ移住サポートの老舗を自負してますが、オランダでは2014年から同業者が雨後の筍のようにうじゃうじゃと出てきており、中には日本人だけの社員40人も抱えてる業者さんもいるようですが持続性あるのか心配になりますね。
弊社でも元々オランダ移住やオランダへのビジネス進出は7年前から手掛けてますが、そもそも市場が小さい上に競争も激しく、「オランダが大好きオランダ語もできる!」「オランダを軸にして欧州に商売を進める!」のように確固たるモチベーションや事業目標ないと失敗するケース多いのは目にしてきました。
このようなケーススタディを反面教師とすれば、今もオランダは魅力ある国ですので、ノウハウとアドバイスをもとに移住や事業進出は難しくはありません。

さて最後に、冒頭のスペインのようにポルトガルへの移住も最近はアツいんです!
ポルトガルもスペインと同様にポルトガル不動産投資ビザ・ゴールデンビザがございますし、少し前のベルリンでのITスタートアップシーンのようにリスボンやポルトでのIT企業進出が盛んでポルトガル就職もチャンスが増えてます。
何より物価安くて気候もいい坂道多くて風情ある街は、サンフランシスコやシリコンバレーのようで、スタートアップにうってつけですね!
実際、家賃が急に倍になるのもザラで物価上昇、天気悪く、難民・移民流入で治安も悪化してるベルリンはかつては欧州のスタートアップシーンで注目されてましたが、最近はベルリンからポルトガルに移転するIT企業も増えてるんです!

スペインやオランダやポルトガルだけでなく、欧州各国への移住やビジネス進出をご希望の方、ぜひ弊社サイトをチェックよろしくお願いします。
https://www.eurovisa.jp/
無料のご相談・お問合せは無料お問い合わせフォームもしくはメール( info@eurovisa.jp )よりお気軽にお送りくださいませ。携帯キャリアメールでドメイン受信拒否されてる方は @eurovisa.jp を受信可能にして下さい。

ヨーロッパ移住・欧州移住のための情報収集:要注意事項

今回のブログ更新は前回と間髪入れずに行きます、そういう気分ですかね(笑)。
今回はヨーロッパ移住・欧州移住のための情報収集について、いくつか注意点を挙げて行きたいと思います。

インターネットは今では便利きわまりないツール、もはや生活に欠かせないツールと申し上げて過言ではないでしょう。

当然、ヨーロッパ移住・欧州移住に関しても、情報収集のためにインターネットを使って各種サイトやブログをチェックされてる方も多いと思います。
さすがに海外移住の情報収集で、本や雑誌や新聞のみをチェックしてる方は居ないと思います。

ですがインターネットでデマ情報や間違った情報が、たびたび出回ってるのは皆様ご存知の通り。
これはヨーロッパ移住・欧州移住に限らず海外移住全般、いや、インターネット全般に当てはまることかと思いますが。

とにかく、今回は当たり前のことですが、下記にご注意いただきたいことを箇条書きで記します。

移民法およびビザ関連法は、かなりの頻度で変更になります!欧州各国も例外ではありません!

ネットの移住情報には古いものや、故意の有無を問わず間違った情報もあります!

必ずプロの移住サポート会社や現地の弁護士に、最新情報を確認しましょう!


また、インターネットを介す介さないを問わず、人から聞く情報にも注意です。

例えばドイツに10年前に移住した親戚が、このように言ったとします。

「ドイツで永住権取ってドイツ国籍取るなんて、私は簡単だったよ」

ですが、時代も法律も経済状況も本人事情も各人で全然違うのです

極端な例で、ドイツでもフランスでもイギリスでもイタリアでもスペインでも、とにかくどの国でも1年ごとに移民関連の法律やルールが変わったりします。

お役所仕事の遅い欧州なのに、こういった移民関連法は素早く変わったりするという皮肉(笑)。
残念なことに時間が経てば経つほど欧州各国の移民受け入れ方式は厳しくなってますが、国やケースによっては以前より簡単なビザ取得方法や永住権獲得方法が出てきてますので、この辺も留意して情報収集すべきでしょう。

では最後に気をつけるべきは、現地人の人脈があって現地に移住しようとする場合。例えばドイツ人の友達がこう言ったとします。

「ドイツは移民をどんどん入れてるからドイツ移住は簡単でしょ?自分が日本に移住するほうが難しいでしょ、私は日本に移住するのが夢」
(※実話です)

ですが、一般の現地人は自国の移民法や移民ルールの詳細なんて普通は知りません。だいたいテキトーに言ってるはず(笑)。
逆言えば、われわれ日本人でも日本の移民関連法案や制度に熟知してる人は普通いないでしょう?


ここら辺は常識で考えれば分かる事だらけですが、意外と気づかない落とし穴なので今回は皆様にシェアしてお役に立てればと思います。

ヨーロッパの現地事情を知りたい方は、まずは一度プロにご相談されてみてはどうでしょうか?

弊社への無料お問合せやサービスお申込は、下記の弊社公式サイトから御気軽にどうぞ!


ヨーロッパ移住・ビジネス支援 ユーロB&Vコンサルティング - ヨーロッパ移住 - ユーロB&Vコンサルティング

ヨーロッパ移住の2014年総括と2015年予測

久々の更新になりました。明けましておめでとうと言うには遅すぎますね(苦笑)。
昨年はユーロB&Vコンサルティングはおかげさまで良い評判をいただきまして、お客様と御取引先の皆様に改めて感謝を申し上げたいと思います。

今回は2015年のヨーロッパ移住をテーマに、ブログをお届けしたいと思います。

その前に2014年を振り返ってみますと、ドイツとオーストリアとスイスを中心に堅調な経済を誇ってましたが、これらの地域でも景気が昨年後半から減速。
ですが南欧諸国での景気回復の気配は見られず、それが他のEU諸国にも波及し、全体的に厳しい年でした。

更に昨年はEU選挙で右翼政党・反移民政策を掲げる政党が欧州諸国で躍進し、合法的な意味で移住がますます厳しくなってきました。

UKでは特に、所得の低いEU諸国から移民が流れ込んでますので(EU加盟国民はビザ不要でUKおよび他EU加盟国で働けるため)、貧しいEU加盟国からの移民に仕事を奪われる危機感や(ごく一部の)移民による社会福祉制度(失業手当や子供手当てや医療制度など)を悪用濫用されてるため、仮にしっかり仕事をできる能力ある有能なEU域外の移民(日本人も含む)がUKで職を得るのが難しい状況になってます。

全体的に見ると2014年は前向きな話題がないようですが、国によっては投資ビザや高技能移民ビザで、あるタイプの日本人には移住しやすくなったともいえます。
実際に、弊社のお客様でも弊社サポートを利用してヨーロッパ就職や投資スキームを通じ、ご希望のEU加盟国に移住を達成されてます。

では本題の2015年ですが、年明けすぐに起きたパリの新聞社テロやドイツ各地でのイスラム系移民反対デモなどにより、ますます外国人のEU各国への移住は厳しくなっていくでしょう。
こうした一般市民からの(イスラム系を含む)外国人への反感(他のEU加盟国のヨーロッパ移民へも含む)は2015年では大きな障害になり、一般市民だけでなく合法的に当選した政治家や政党による移民制限・排斥の政策が強くなることを危惧してます。

ただし上記に書いたように経済・景気が厳しい国は、役に立つ外国人へのビザ発行を緩和・優遇する措置が増える可能性あります。
経済・景気が堅調なドイツでさえ、実はかなりの少子高齢化の国なので(面白いのはドイツに来るトルコ人やロシア人などの移民も少子化したり、経済成長してる母国に帰るケースが多い)、ドイツにとって役立つ外国人へのビザや永住権の付与を進めており、長く合法的に住んでれば日本人にも「ドイツ人にぜひなりませんか?」と市長のレターが来る市もあるようです。

新規移住に向けてのネガティブな側面を書いてしまいましたが、それでも文化と歴史が深く多様性の高い欧州各国での生活は非常に楽しいですし、日本で合わないと思いの方が欧州各国に移住して生き生きとしてるのを度々見てきました。

欧州だけでなく、アメリカ大陸でもアジアでもアフリカでもオセアニアでも中東でも難しいものです。
逆に、弊社のお客様でマレーシアやシンガポールやオーストラリアに在住・移住経験あって欧州に移住された方もいますが、欧州が特別厳しいということは無いと皆様おっしゃってます(実際にシンガポールやオーストラリアはドイツ等より厳しくなってます)。

正しいノウハウとステップがあればヨーロッパで生活して収入を得るのは簡単に達成できます、ですが欧州生活の経験ない方やビザがない方は独力で達成するのは確かに難しいでしょう。
東大に現役合格する方や独学でピアノをマスターしてコンクール優勝される方もいますが、普通は塾・予備校やピアノ教師などのプロについて、目標を達成していくのが王道だと思います。

ヨーロッパの現地事情を知りたい方は、まずは一度プロにご相談されてみてはどうでしょうか?

弊社への無料お問合せやサービスお申込は、下記の弊社公式サイトから御気軽にどうぞ!


ヨーロッパ移住・ビジネス支援 ユーロB&Vコンサルティング - ヨーロッパ移住 - ユーロB&Vコンサルティング


今年は昨年以上に多くの方の欧州移住の御手伝いできることを願ってます。
めざせ!100人移住成功!!

ドイツで新規事業立ち上げメンバー募集

新規事業立ち上げメンバー募集

弊社では2015年初頭からのアプリ事業開始を計画中で、新規事業立ち上げメンバーを募集しています。

日本から世界へと人気アプリが出てきてるようにITは国境をたやすく越えますが、逆転の発想でドイツから日本と全世界へ発信していく新規事業を立ち上げます。弊社はドイツを拠点としておりますが、ドイツは欧州で安定した経済と社会制度の先進国であり日本人にとっても住みやすい国ですので、ドイツに住みながら新鮮な感覚でビジネスに取り組みつつプライベートも充実させられます。今回の募集概要は次のようになります。

 

募集ポジション:CTO(最高技術責任者/技術担当役員)候補

募集締め切り日  :  2014年末(決まり次第、早めに締め切る場合あり)

募集条件・応募資格  : 下記参照のこと

 

まずはメールやスカイプでざっくばらんにお話しながらお互いを理解する形で面接し、相互にアイディアを出しながら最適な形で進めていきましょう。下記の募集要項をご覧の上、応募希望者は履歴書を添付の上でメール表題に「新規事業立ち上げメンバー応募」と記載し、(info@eurovisa.jp)までメールを下さい。


【必須項目】
iOSとアンドロイドの両方、もしくはいずれかのアプリの開発ご経験。
※無料・有料アプリ両方のご経験がある方は優遇します
※法人・個人での実績形態は不問です
※100万DL以上のアプリ開発経験者は優遇します

【希望項目】

年齢30歳から40歳位まで。学歴不問だが大学/大学院卒は優遇。語学力不問、簡単な英会話できる方は優遇。

 

【不問項目】

性別および未既婚。国籍および海外在住経験。会社経営経験。


【報酬】
業績連動型役員報酬。詳細は面談時にご説明。応相談。

【勤務地】
ドイツで都市はミュンヘンもしくはベルリンを予定。日本をはじめ、世界各地へ出張の可能性あり。

【勤務形態】
フレックス勤務。スタートアップでのSOHO形式予定のため、勤務時間は自己管理方式。

【社会保険・医療保険】
弊社でドイツの公的および民間の各種保険をアレンジします(各実費は加入者負担)。

【ビザサポート】
ビザ・居住許可証の手配は弊社で行い、ドイツでの生活立ち上げも補助します。

 

優秀な方からのご応募、心より楽しみにお待ちしております。

http://www.eurovisa.jp/

ヨーロッパ移住・欧州移住への移住方法・ヨーロッパ就職:失敗ケーススタディ

今回は「ヨーロッパ移住に失敗する日本人」というテーマでブログをお届けします。

以下のいずれか、もしくは複数に該当する方は、独力でのヨーロッパ移住は極めて難しいです。

本人がヨーロッパの国の国籍・市民権もしくは永住権を持ってない

本人が合法的なヨーロッパの国のビザ(労働許可証・居住許可証)を持ってない・自力で取得できない

両親もしくは親どちらかがヨーロッパの国の国籍・市民権を持っている・自力で取得できない

配偶者がヨーロッパの国の国籍・市民権を持ってない

本人がヨーロッパの国で働いたことも留学したこともない

社会人経験が無い・極めて少ない・ヨーロッパで通用する職歴が無い

英語やヨーロッパ言語に堪能でない(ビジネスレベルでない)

駐在員・研究員などでヨーロッパに転勤できる可能性が無い

海外旅行に一回も行った事無い

ヨーロッパの国でも日本の常識にとらわれすぎる・過度に神経質

モチベーションや好奇心が極めて低い


もちろん上記に該当したとしてもヨーロッパで就職や移住は可能な方もいるでしょう、でも長続き・永住は出来ない方がほとんどだと思います。

「和食を毎日食べたい」という方は、ヨーロッパ主要都市ではどこでも和食レストランありますし、自炊するという手もありますので、ヨーロッパ移住の大きな障害にはなりません(笑)。

上記のような項目に該当してしまう方はどうするか?

①ヨーロッパ移住をあきらめる
②足りない部分を自力で補う
③プロのサービスを利用する

各自の人生設計であり、海外移住を強制される方(駐在や出向命令など)は別として自由意志ですので、上記のいずれかを選択すれば良いわけです。

とは言え、2014年5月のEU選挙の結果は主要各国で「反移民」「右翼・国粋主義」政党が軒並み躍進してますので、悠長に構えてる暇は無いと危惧してます。

ヨーロッパの現地事情を知りたい方は、まずはお気軽にご相談されてみてはどうでしょうか?

の無料お問合せやサービスお申込は、以下の公式サイトからお願いします。

http://eurovisa.jp

ヨーロッパ移住・欧州移住への移住方法:移住に成功する日本人

前回の記事で書いたように、今回は「移住に成功する日本人」というテーマでブログをお届けします。

率直な話として、以下のいずれかの属性・スペックの方は、にヨーロッパ移住が独力で可能です。

本人がヨーロッパの国の国籍・市民権もしくは永住権を持ってる

本人が合法的なヨーロッパの国のビザ(労働許可証・居住許可証)を持ってる

両親もしくは親どちらかがヨーロッパの国の国籍・市民権を持っている

配偶者がヨーロッパの国の国籍・市民権を持っている

本人がヨーロッパの国で3-5年以上、合法的に滞在しながら働いた経験がある

本人がヨーロッパの複数国の言語に堪能で社会人経験がある

本人が使える資産が1億円以上ある

本人がヨーロッパで需要の高い仕事の業務経験、もしくは特殊な業務スキルを持っている

本人がヨーロッパで需要の高いビジネスプランを持っており、実行できる資本金と人脈を持っている

本人がヨーロッパの国でトップクラスのアカデミックな経歴(大学院~博士課程)を卒業してる


上記のようなハードスキルおよびスペックは、2つ以上を兼ねてると確実なものになります。
そのような方は弊社に頼らずに、ご自身で早く移住しちゃってください(笑)。

では、上記のような条件に当てはまらない方はどうするか?

もちろん数年間―10年間をかけて、ご自身で上記のスペックを身につけるのも人生設計の手段です。

ご自身に足りない部分を補うためには、弊社のような欧州移住のノウハウと実績多数のプロにご相談するべきでしょう。

弊社へのお問合せやサービスお申込は、以下の公式サイトからお願いします。
http://www.eurovisa.jp/

次回以降のブログでは、ヨーロッパ移住に失敗するケースも取り上げてみたいと思います。